iPad Pro用Magic Keyboardを絶対に買うべき人・買わないべき人

iPad Pro関係

今日のテーマはiPad Pro用Magic Keyboard!!

悩む人
悩む人

iPad Pro用のMagic Keyboardって自分に必要なのかな・・・

Kebin
Kebin

ボクなりにしっかりと回答するで!!!

早速結論は・・・・

iPad Pro用Magic Keyboardを絶対買うべき
  • iPad Proで文章作成・動画編集をする人
  • 椅子に座りながら作業する人
  • 重さを気にならないスタンスで移動する人
iPad Pro用Magic Keyboardを買わないべき人
  • iPad Proでは文章も作る予定も動画を作成する予定もない人
  • iPad Proを絶対手に持って使いたい人
  • とにかく重たいものは持ちたくない人

ケビン
ケビン

なぜボクがそう思うのか、しっかりとお伝えしていきます。

そもそもMagic Keyboardって何?

そもそもiPad Pro用Magic Keyboardってどんな商品なのか、その概要をみてみましょう。

もう知ってるよってかたは飛ばしてください

iPad Pro用Magic Keyboardとは、 Appleが世に送り出したiPad Pro用の最強キーボードです!!!

外観

外側はマッドな質感です。

さわるとさらさらして気持ちいいです。

高級感あふれる感じになっています。

iPad Proと直接触れる部分は起毛のようになっていてiPad Pro本体を傷つけるようなことはありません。

優しい設計です。

接続方法は、マグネットでパチン。

これだけでキーボードが接続されます。

Bluetooth接続ではないので環境にも左右されません。

横に充電端子がついています。

USBタイプCです。

ここに充電端子があると充電しながらハブ等の拡張のアクセサリーがiPad Pro本体に付けれるという点です。

重さは11インチ用で600g12.9インチ用で700g

本体に装着すると、MacBook Airに匹敵する重さになりますが

そこをどう捉えるかが重要になりそうです。

iPad Pro用の Magic Keyboardのいい点・悪い点

iPad Pro用のMagic Keyboardのボクなりのいい点・悪い点を解説していきます。

いい点

打鍵感が最高

iPad Pro用のMagic Keyboardはシザー式構造を採用しています。

1mmの深さのキーボードで文字入力する時にはMacBookとほとんど変わらない打鍵感です。

ボクはデスクトップPCでありがちな深いストロークのキーボードが好きではないので

Magic Keyboardの薄いキーボードが心地よいです。

キーボード自体の質感もすべすべしていていつまでも触っていたくなる質感です。

実際ボクもすべすべさせながらブラウジングしたりしています。

そしてバックライトが搭載されています。

ですので、環境を選ばずに文章作成をすることができますね。

 kebin
 kebin

この打鍵感がたまりません!!

ケースとしての保護性能はかなり高い

写真のようにピッタリと閉じてしまうとほとんど外界と接することがありません。

Magic Keyboard自体もなかなかの硬度を誇りますので、落としたくらいではiPad Proには傷がつかないと思います。

さっきもお伝えしておりますが、iPad ProとMagic Keyboardが接する面は起毛素材になっているので

iPad Proを装着するときに傷がつくことはありません。

優しい設計です。

このようにケースとしても高いクオリティを誇っています。

見た目が Appleっぽい

このマッドな質感と Appleマーク。

これだけでもこのMagic Keyboardを持つ価値があるように感じます。

カラーも Appleっぽい質感のあるマッドなグレー。

ボクは全ての Apple製品をスペースグレーに統一したいという思いがありますので

この配色には大賛成です。

どんなファッションにもマッチするのではないでしょうか。

そして、このマットな質感は他のどのキーボードやケースと比べても

高級感があります

kebin
kebin

ケースまで兼ねているキーボードは少ないよ

トラックパットの操作性がとにかくすごい

操作の確認

iPad Pro用のMagic Keyboardにはトラックパットがついています。

このトラックパットこそがMagic Keyboard最大の魅力だと思っています。

まずすべすべと動きます。

動作にはなんの違和感もなく、快適に操作することができます。

そして、文字と認識すれば『I』みたいにアイコンが変化します

クリックできる場所を認識すれば四角のアイコンに変化します

このわずかな変化が操作性を快適にしてくれます。

2本指でスワイプはもちろん、3本指でのジェスチャーだって使えます。

3本指で横にスワイプするとアプリを切り替えたり

3本指で真ん中にスッと寄せるとコピー

3本指で外へスッと開くと貼り付けなどです。

スタンドとしても使える

意外と外出先で困るのがスタンド問題。

スタンドを持ち運べばいいんですけど、まあかさばりますよね?

iPad Pro用Magic Keyboardであればその問題も解決です。

スマートキーボードフォリオでは2段階の角度しかつけれないですが

iPad Pro用Magic Keyboardはヒンジ部分で角度を自由につけることが可能です。

この角度がたまりません!!

kebin
kebin

ボクはたまに三脚代わりに使ったりしています。

悪い点

重たい

一番の問題はこれです

重たい

本当に重たいです。

公式発表ではないものの重さは11インチ用で600g、12.9インチ用で700g。

iPad Proを装着すると1kgを超える重量になります。

これはMacBook Airを超える重量になりますので、タブレットというよりPCと考えた方が納得いきます。

ボクの場合はほとんど、バックパックに入れて持ち運ぶようにしています。

ですので、重さを感じることはありますがそこまで気になることがありません。

Kebin
Kebin

とはいえ、もう少し軽くなればなーって思っています。

電池消費は少し早くなる

これは正確なデータがあるわけではないです。

体感です。

そりゃ電源なしでキーボードを使用してバックライトまであるのだから

少しくらい電源を食うのは仕方ないことですよね?

これで電池も長持ちしたらバチが当たりますよ。

値段が高い

これも悪い点ですよ。

11インチ・12.91インチ用どちらも3万円以上もします

世に出ている高級キーボードに手が届くような値段です。

でもですよ

Mac用のMagic Keyboardとトラックパットを買うと

13,000+10,000=23,000円です

差額は10.000円くらい。

この差額で上にあげたようないい点を味わうことができると考えると・・・

とボクはそう思ってしまいます。

だってケース代わりにもなるし、スタンド代わりにもなるし・・・・

と、思います。

Apple Pencilとの親和性は悪い

これがボク的には一番の問題と思っています。

iPad Pro用のMagic Keyboardを装着しながらだとApple Pencilはほとんど使えないと思っていてよいです。

もちろん、マウス代わりのような使い方ができますがノートをとるなんてことは難しいです。

Apple Pencilを使おうとすると、写真のようにKeyboard部分が浮いてしまい

バランスが崩れてしまいます。

これはどうしようもない問題です。

kebin
kebin

Apple Pencilを使うときはiPad Proを外してMagic Keyboardの上に置いて使っています。

ボクの使用感

ご参考までにボクの使用感を紹介します。

  • 文章作成をする時は必ず使用している
  • 動画編集もしやすい
  • ノートを取るときなどのタブレットとして使うときは外して使用
  • 普段はバックパックに入れてカバンの中
  • 重いは重いがバックパックの中ではそこまで重たくない(と、ボクはおもう)
  • ボクは買ってよかったと思っている

よければ参考に。

終わりに

確かにMagic Keyboardは癖の強い扱いにく商品であることは間違いありません。

それでも使いこなせた時の爽快感は他の追随を許しません。

みなさまも少しでもこの快感が伝わりますように。。。

今回はここまでにします。

それでは、またー

コメント

タイトルとURLをコピーしました