【iPad Pro買うなら絶対購入】Apple Pencilが最強な理由

iPad Pro関係

こんにちは。

iPad Proの最強アクセサリーと名高いApple Pencil。

iPad Proを持っていてApple Pencilを持っていない人っていないのはないでしょうか。

もしいらっしゃるのであれば、Apple Pencilの購入を絶対にお勧めします。

ノートを取る際にはもちろん、そうでない方も絶対に持っていたほうが良いです。

今回は、Apple Pencilにできることやぼくが使用しているアプリを紹介します。

Apple Pencilでできること

もちろん筆記

まずは筆記性能について語らなければなりません。

通常のスタイラスペンは先端がゴム素材でできている物やディスクのような円盤がついているものが多いです。

これらのペンはぼくの経験上使い物にならないことが多かったです

少なくてもボクの主な使用用途であるノートを取るような作業では、反応速度が鈍くて紙に買いているような感覚はほとんど得られなかったです

しかも、ペン先が柔らかいのでボクのような筆圧が濃い方ではペン先がぐにゃぐにゃしてしまい、安定して書くことが難しいと思います。

その点、Apple Pencilはペン先は尖っているタイプのペンですので、普通のペンのようにして書くことができます。

また、パームリジェクションという機能にも対応しています。

これは手を画面においてもペン先が画面に触れてる間は手は反応しないというもので、ノートなどの筆記の場面においては抜群の効果を発揮します。

最近では、Bluetooth接続の良質なスタイラスペンもあるようです。

これらは商品にもよりますが、パームリジェクションにも対応していて描きやすいそうです。

ボクの好きなyouteberもApple Pencilと遜色ないと言っていました。

安いiPad用ペンシルってちゃんと使えるの?実際に使ってみたら驚いた

ちなみにこの平岡さん、他にも有益なiPad情報を発信しているのでチェックしていて間違いないです。

ノートを取るのが、一番の目的であればペーパーライクフィルムは必須です。

iPad 10.2 (8世代 2020) /iPad 7世代 2019 対応 ペーパーライク フィルム 反射低減 非光沢 アンチグレア 保護フィルムSimplicity | 内部SEO施策済みのシンプルな無料WordPressテーマ

ペーパーライクフィルムは少しざらつきのあるフィルムでApple Pencilで筆記するときに適度な抵抗を生み出すことでまるで紙に書いているようにできるフィルムです。

色々種類がありますが、

他にもロジクールのクレヨンという商品も使っている人が多いですし、レビューもよかったりするのでApple Pencilに匹敵する性能なのかもしれません。

ポイント最大25.5倍 ロジクール デジタルペンシル 2018年以降iPad対応 Crayon iP10 シルバー 7時間バッテリー iPad iPad Pro 送料無料 【SK09574】

ボクが直接使ったことはありませんが、Apple Pencilは決して安価な商品ではないので無くしてしまった際などは良いでのはないかと思います。

しかし、これらのスタイラスペンの大半がBluetooth接続ですので接続が面倒という弱点もあります。

また、充電もわざわざUSBに繋がないと接続しないとできないことも難点です。

それ以外にもApple Pencilは筆圧を感知してくれます。

絵を書く人は必須な機能ではないでしょうか。

Apple Pencil 第2世代 レビュー | プロのイラストレーターにiPad Proで絵を描いてもらいました
以前、当サイトでは 「iPad Pro(11インチ, 2018)」 (2018年10月発売) のレビューを公開。Face IDやベゼルレス化などiPad Proが進化した点に着目し、どんな方にオススメかを考察してお伝えした。 レビューでは、同時に発売した 「Apple Pencil(第2世代)」 にも触れ、同製品が初代...

この記事はプロのイラストレーターの方に絵を書いてもらっていますが非常に便利なのが伝わるかと思います。

このように筆記に関しては、ノートを取るにしても絵を書くにしても便利にしかも紙に書いているような感覚で扱えるのがApple Pencilです。

マウス代わりになる

実はApple Pencilはマウス代わりに使うのも便利です。

画面の上の方へのタッチでも手の移動距離が少なくて楽にブラウジング等をすることができます。同様に少しの力で画面を大きく動かすことができるのでお勧めです。

ボクは指がどちらかというと太いので細かい文字ですぐ横にもタッチ判定があるようなホームページでは誤タッチをしてしまい、思ったページじゃないページに飛んでしまうことがよくあるのですが、Apple Pencilをマウス代わりに使用しているとペン先が細いので誤タッチの心配は少ないです。

また、Keynoteやパワーポイントでスライド発表中のポインタや追加のラインを引いたりすることも便利です。

ペンを画面につけた瞬間にパレットが出現して、ポインタに切り替わります。

Apple Pencilで描いた軌道通りに赤い点が動きます。

発表やプレゼン等で意見を強調したい時になどはお勧めです。

地味に見えて使える機能です。

充電はすごく便利

初めの方に他のスタイラスペンは充電や接続が面倒と話ましたが、Apple Pencilであれば充電も接続も一瞬です。

側面にマグネットがあってApple Pencilをかちっとつけるとそれだけ充電完了。

ペアリングもしてくれるので初めの操作も簡単です。

家でわざわざ充電しなくてもノートを取っていない時にちょっとつけておくだけで充電ができるのは嬉しい使用です。

しかも30秒ほどくっつけておくと30分くらいは使えるようになるという充電速度。

これは訳のわからない速度ですよね。

まとめ

簡単にはなりましたが、これがApple Pencilの魅力です。

もっともっと伝えたいのでまた後日伝えたいと思っております。

それでは、またー

コメント

  1. […] 【iPad Pro買うなら絶対購入】Apple Pencilが最強な理由 […]

  2. […] 【iPad Pro買うなら絶対購入】Apple Pencilが最強な理由 […]

  3. […] ▶︎▶︎▶︎Apple Pencilについて詳しく知りたい方はこちら […]

タイトルとURLをコピーしました