【新時代の幕開け】Air Tagってなんだ?【新しいApple製品】

アクセサリー関係

こんにちは。

先日のAppleの発表イベントで新しい商品が発表されました。

Air Tag

です。

https://www.apple.com/jp/airtag/

この記事ではAir Tagがどんな製品かを紹介します。

結論として

です。

どうしてそう思うかも合わせて書くのでよければ見ていってください。

製品紹介

大きさは500円玉を一回りくらい大きくしたくらいの大きさです

重さは大体11gくらい

単4電池くらいの重さです。

非常に軽いですね。

ですがキーホルダにつけるとなると少し重みを感じることもあると思います。

そこは好みの問題ですね

Appleの公式H PよりARを使って

どれ程度の大きさかを見ることができます。

Air pods proとiPhone11と比較してみました。

これならキーホルダーに入れてAir pods proにもつけることができそうですね

どんな機能があるのか

大前提としてAir Tagとは

忘れ物防止タグ

です

何か持ち物につけておいて無くした時にそれがどこにあるかわかる

といったものになります

ですので、よく物をなくされる方は必要じゃないでしょうか。

Air tagを使用するにはiPhoneの『探す』アプリを使用します。

デフォルトで入っているアプリです

探すアプリは全てiPhoneやiPadから微弱で暗号化されたBluetooth信号を受け取ることで自分の探しているApple製品がどこにあるかを知らせてくれるアプリです。

Air Tagもこの機能を使用するようです。

使用すると地図上に今Air Tagがどこにあるのかが表示されます

このどこにあるのかを探す精度が精密で

ソファーの下にあるものや隣の部屋なんかにあっても探すことができます。

さらに必要に応じて、音も鳴らしてくれるようです。

ボクはよく部屋でiPhoneを無くしてしまうのですが、Apple Watchで音を鳴らして発見することがたくさんあったので音鳴らす機能は便利ですよ。

『hey,siri』と声をかけて『〇〇ってどこにある?』と聞くだけでも

しっかりと探してくれるようです。

さらに便利なのが

地図上の場所まで正確に案内をしてくれる

ことです

写真のような表示であとどれくらいの距離でどっちに進めば良いかを鮮明に教えてくれます。

しかし、この正確な場所を見つける機能はU1チップ対応のiPhoneでないといけません。

具体的にはiPhone11以降の端末、かつ最新のIOSにアップデートしたものでないといけません。

ここまで正確に教えてくれるのはAir Tagならではの機能ではないでしょうか。

どんな使い道があるのか?

当然ダントツの使い道は自分の無くしやすいものにつけて無くした時に起動させるです。

財布や定期入れにつけておけば万が一落としてたとしても

かなりの精度で落とした場所を特定することができて便利です。

あとは

車の中に置いて駐車所内でどこに止めたのかを見つける

です

大きいショピングモールでの駐車場では置いた場所をしっかりと記憶していても長く楽しい時間を過ごすと、どこに止めたかわからなくなる時ってありますよね。

なにせすごくたくさんの車が止まっているので、一度忘れると思い出して自分の車を探すのはすごく大変です。

そこでAir Tagを使うことで正確な場所を教えてくれるのではないか

と思います。

あとは、同じように

子どもに持たせて迷子対策

にもなるかもしれません。

駐車場の車と同じ理論ですね。

子どもに持たせることで離れた場所にいても

どこにいるかわかるようになるかもしれません。

となると、物にも使えるかもしれません。

例えば自転車。

それもロードバイクのような高級なものに取り付けてみたらどうでしょうか。

ロードバイクは高いもので100万円以上するものもよくあるので

盗難対策にはみんな手を焼いています。

Air Tagで解決できれば正しく革命です。

結論:やっぱりボクには必要ない

ここまで、Air tagの良い点を紹介しましたが

ボクにはやはり必要ありません。

その理由は

無くさないようにいつも気をつけているから

です。

それでいてこの十年ほどはものを無くしたことがないので

Air tagはボクには必要ないもののように思います。

もし、先のロードバイクに取り付け等ができるのであれば

その時に購入を検討します。

さて、予約が開始されています。

あなたはどうしますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました